【緊急事態宣言】パチンコ店も営業自粛!?ユーザーが出来る事は貯玉の整理【パチンコ】

この記事は約3分で読めます。

緊急事態宣言 パチンコ店の状況は?

f:id:tc190306_4956:20200426070721j:plain

緊急事態宣言が全国に拡大されてパチンコホールも自粛を余儀なくされています。先日、大阪では未だに営業中のパチンコ店を行政がホール名を公表するなどの動きも出ていたり、東京のとあるところでは「近隣店舗が営業しているから、うちも営業再開する」などとして炎上しています。

とかくパチンコ業界というのは叩かれ易い業種で、東日本大震災の時もかなり叩かれていた記憶があります。個人的な意見としては、パチンコなどの娯楽産業は不要不急のものだと思っているし、今慌てて遊技する必要もないと思っている。

ただ…

パチンコホールって、皆さんが思っているよりもずっと資金的に厳しい状況だと思う。特に最近だと規制強化やパチスロ6号機の問題などもあり、全盛期(パチスロ4号機時代)に比べれば、売り上げも店舗数も激減している。なので、自粛したいが営業しないと経営が…ところも多いはず。

この記事を書いている時点で、P-WORLDに登録されているパチンコ店舗数は8710店舗。一時期は18000店舗くらいありましたから、半分以下にまで減少。それくらい落ち込んでいる。

ホール営業ってユーザー側だと凄い儲かっているイメージがありますけど、そうでもないんですよ。負けた時のイメージが強く残るから、ホールって儲かっているイメージですけど、全体で見たら利益率なんて多くても20%程度。そこから、経費(光熱費やら機械代、設備投資代、人件費などなど)を差し引いたら残るキャッシュって凄く少ない。

上記でも書いた通り、売上もどんどん減少してます(コロナの前からね)から、結構自転車操業をしているところも多いと思います。

 

ユーザーが取るべき選択は「貯玉精算」

f:id:tc190306_4956:20200426072240j:plain

今、自分が通っているホールで貯玉・貯メダルがある人は精算してしまうことを強くオススメします。というか、これ一択です。

このまま緊急事態宣言が長引けば、ホールとして存続できないところが必ず出てきます。それは大手であろうがどこでも起こりうること。マルハンやダイナムなどの大手法人自体が破産するってことはないでしょうが、その中でも閉店せざるを得ない店舗が出てくる。

貯玉補償基金

f:id:tc190306_4956:20200426072738j:plain

一応、ホールが経営破たんした際にユーザーを守る意味で貯玉補償基金という第三者団体が存在します。

ホールに変わって会員カードに貯めてある貯玉などを補償しますよって事ですね。しかし、該当ホールがここに加盟している事が前提ですし、補償は特殊景品ではなく一般景品で行われます。現金や金券などに交換できるようなものでは補償してくれないんですよ。

今後の先行きは未だに不透明ですが、まずは貯玉精算。コロナが落ち着いたら、また楽しめばいいですね。

ランキングに参加しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました