【幻塔】虚空の裂け目の進め方!何をやったらいいの?

幻塔
この記事は約4分で読めます。

幻塔のバトルコンテンツである【虚空の裂け目】についてです。

これから【虚空の裂け目】をプレイしようと思っているが「何をやっているのかわからない…」という方の為に、簡単に遊び方とクリアの流れまでをまとめてみました。参考となれば幸いです。

虚空の裂け目について

幻塔は知らない内にどんどんとバトルコンテンツが追加されているものだから、ちょっと理解が追い付かないって人も多いはず。なので、まずは【虚空の裂け目】の仕様と報酬から確認してみる。

挑戦回数制のコンテンツ

毎週月・水・金に挑戦回数が加算され、最大は3回までストックする事が出来る。つまり、2日に1回必ずやらなくてはいけないわけではなくて、週末などの時間のある時に3回分まとめて消化してもいいわけだ。

ここでの挑戦回数ってのは報酬が貰える回数と考えるとよい。コンテンツ自体は何回もプレイできるので、フレンドなどのお手伝いにいく分には特に制限はない。ただ挑戦回数が無くなったあとの報酬はアシストポイントのみになる。

報酬

報酬はボリションやボリションのガチャが回せるクーポンだ。

筆者がプレイした時の報酬が画像のような感じ。SSRボリションまでドロップしたのは出来過ぎ感はあるけど、なかなか侮れないと思う。ボリションを集める重要なコンテンツとなるので是非とも挑戦回数を溢れさせずに消化したいところ。

実際、SSRのドロップ率はどれくらいなんだろうか…?

虚空の裂け目の進め方

※効率的な最適解の進め方ではなくて基本的なプレイ方法をまとめています

虚空の裂け目のクリアまでの流れは

  1. 鍵を集める
  2. バフを集める
  3. ボスを倒す

このような感じとなっている。

鍵を集める

鍵ってのはボスに挑戦する為に必要なアイテム

マップにいるやや大きめのモンスター「ヘルマンダー」を倒すと入手できる。これはパーティ全体で共有されるので誰が倒してもOK。

パーティ全体で鍵が3つ集まると画面の右上部分がアクティブ化される。ここをタップすればボスがいるエリアに飛んでボスと戦うことが出来る。

これはボスと戦うための最低条件なだけで虚空の裂け目ではまだやる事がある。

バフを集める

マップにある水色の三角のオブジェクト【不安定なオムニアム】というのがバフ。落ちているだけの場合もあれば、敵の頭の上についている場合もある。敵が持っている場合は倒して奪い取ろう。

つまり、ボスと戦う前にマップを探索してバフを集めるわけ。当然、バフを多く集めた方がボス戦で有利になる。

鍵が集まったらすぐにボス戦に行っている人もいるが、基本的にはバフを集めてから行くのがよい

HPバーの左にあるバフのアイコンをクリックすれば現在取得しているバフが確認でき、バフはパーティメンバーに渡すことも出来る。

バフの画面を開きメンバー名をクリックすれば取得中のバフが見られるぞ!あまりバフを取得出来ていない人や自分では使わなそうなバフはメンバーに譲渡し全体のバランスを考えるとよさげ。

例えば、「雷攻撃」ってのは雷属性の武器を使ってなければ意味がないし、「詩人」という回復アップのバフはヒーラーが持った方がいいよねってこと。

祈願解放 ※重要※

同じバフを3つ重ねると【祈願解放】となり

『全メンバーのHPと攻撃力が+25%』の追加効果が得られる

発動は1人1回だが4人全員が【祈願解放】すれば25×4=100%。つまり、全員が祈願解放すればHPと攻撃力が2倍になるということ。

バフの画面で他のメンバーが持っているバフも見られるので、そこを確認しながらバフをあげたり貰ったりして祈願解放するとボス戦を有利に展開できます。

初見時は野良パーティで適当にクリアしてしまいましたがw 意思疎通のしやすいフレンドやギルドメンバーとやるのがいいと思う。

欲しいバフをメンバーに要求することも出来ますよ

やり方がプレイヤー全体で周知されてくればもっと簡単になるんでしょうし、今はこのワチャワチャ感を楽しむのいいね!

筆者はバフを拾いまくってパーティメンバーに渡しまくってます。それで、無理やり祈願解放して戦闘を楽にする感じ。よくわかってない人が我先にボス戦に行ってしまうので…。

ボスを倒す

入口付近の端末を調べると、今回のボスを確認できる。ちょっとしたヒントも書いてあるので見ておくとよい。

メンバーが戦闘不能になったら応急手当で救護。円状のゲージが溜まり切ると復活できなくなり、戦闘が不利になります。先に突っ込んで勝手に死んでるやつは知らん…w

あとはみんなで協力して倒すだけ!

コンテンツ全体の制限時間が15分となっているので、バフ集めに夢中になりすぎないように!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました