PS4無料体験版をプレイした感想と個人的評価【スカーレットネクサス】

ゲーム紹介・レビュー
この記事は約11分で読めます。

6月24日の発売が近づいてきた「スカーレットネクサス」。現在、無料体験版がプレイできますので、遅ればせながらプレイしてみました。体験版の為、最序盤しかプレイできませんでしが、感じたことを記事にしています。購入を考えている方は参考にしてみてください。

スカーレットネクサス

スカーレットネクサスは、株式会社バンダイナムコエンターテインメントから6月24日(steam版は6月25日)にリリースされるアクションRPGです。

テイルズシリーズのスタッフが手掛けているということで、非常に注目が集まっている作品です。7月1日からは、スカーレットサクセスのアニメも放映されるようで、非常に力を入れているコンテンツと言えるでしょう。

まずは、公式のトレーラームービーを見てみると大まかな雰囲気は感じられるので、とりあえず視聴してみるのがオススメ。

無料体験版

現在、公式HPから無料体験版が配信中です(5月21日~)
※steam版の無料体験版はありません。

無料体験版では、序盤のチュートリアル風のイベントシーンをプレイする事が出来ます。プレイ時間は短いですが、ゲーム内の世界観やアクションプレイを感じるには十分ではあると思います。

気になる方は下にリンクを貼っておくので、確認してみてください。

スカーレットネクサス公式HP


無料体験版をプレイした感想

さて、神ゲーなのかクソゲーなのか…

最近だと事前の評判はよかったけど、実際に発売されてみたら「・・・」ってことが多いですよね。スカーレットネクサスはどうなんでしょう?

無料体験版では、ユイト・スメラギ(男性主人公)とカサネ・ランドール(女性主人公)の最序盤がプレイ出来ます。

怪異という化物を討伐する為の【怪伐軍】に入隊するための試験を受け、最初の任務(訓練)終了までが体験版の内容。どちらのキャラを選んでも内容にほぼ変化がないので、ストーリーの最初はそこから始まるようです。

このゲームのポイントと言えば、武器による攻撃と超脳力とよばれるキャラ独自の攻撃でのコンビネーションアクションでしょう。

主人公はどちらも超脳力で念力を使います

敵に対し近接攻撃で斬り込んだ後に、周りにあるオブジェクト(自動車とかゴミ箱とか)を超脳力(念力)で叩きつけるなどの戦闘アクションが爽快!ボタン配置に慣れるまでは大変ですが、画面上にボタンアクションの指示が出る為、プレイしているうちに軽快に攻撃が出来るようになってきます。

格闘ゲームのようなコンボ入力はなく、入力も難しいものはないので、ここは幅広い層へ向けて作られているのだなと思いました。

SAS(サス)というシステムを使って、仲間の超脳力も使うことが出来る。例えば、上記画面だとハナビという女性仲間キャラの脳力を借りて、火属性の攻撃を繰り出せるようになります。火属性に弱い敵には、このキャラの力を借りて攻撃しろってことですね。

中にはSASを使わないと見えない敵とかも出てきたので、進めていくうちに特定のSASでないと攻略出来ない敵が出てきそうです。

このSASはパーティ編成で交換する事が可能で、ストーリーを進めたりすることにより使える仲間のキャラが増えていくのだと思います。

敵にはHP以外にクラッシュゲージというものが存在。このクラッシュゲージを削り切ると一撃必殺のブレインクラッシュが発動可能となる。この場合は専用のカットインが出て、かなりかっこいい。

プレイして気になったこと

〇画面酔いしてしまうかも…

映像が綺麗で細かくエフェクトも結構派手、更にカメラが頻繁にグルグル回るので3D酔いしてしまう人がいるかもしれません。設定で「カメラ追従」をオフにしたら、多少は軽減されますが、過去にゲームをやっていて酔った経験のある人は注意かな。

〇ミニマップが見にくい

画面右上にミニマップが表示されますが、階層がわかりづらい。アイテムどこよ…って状況になってしまうかも。

〇主人公がどちらも「念力」

武器の攻撃に違いはあるけれど、超脳力はどちらも「念力」なのでプレイスタイルが一緒になってしまう。ここは別の脳力で遊ばせてくれると嬉しかったかな。

まとめ

無料体験版をやった感じでは特に大きな不満はなく、続きをプレイしてみたいという感想になりました。あとは、ストーリーのボリュームやクリア後のやり込み要素が、どれくらい用意されているのかというところでしょうか。

戦闘アクションはかなり作り込まれているなと感じたし、個人的には買いかな。いつもはsteam版を購入するんですが、無料体験版をプレイすると特典アイテムがついてくるので、今回はPS4版を購入します。

初日から攻略プレイしていくので、よろしければブックマークしてくださいね♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました